田中家(仮)の皆様。 まんが日記

千葉県某市に住む、とある平凡な家庭の日常4コマ漫画です。

妊娠出産四方話・あかり編

記事一覧

  • (7/22)
  • (7/7)
  • (7/6)
  • (7/5)
  • (7/2)

妊娠出産四方話 その21 年子育児の開始




年子育児はココが大変でした!
なんせ、あかり誕生時にはつみはまだ1歳半。
言葉が通じない!
静かにして欲しくても通じない。
手をつないで歩くのも小さくて難しい。
二人ともオムツ。

目を離すとベビーベッドに上って、
妹の頭を突っついてました。
くぉら。


とまぁ、ここまで描いてきましたが
妊娠出産話というくくりでは
ここで終わりになります。

次回からは、通常の4コマだけ・・・だときついので(笑、
新生児育児編なんかをお送りしたいと思います。


ではでは、いままでご愛顧ありがとうございました★

妊娠出産四方話 その20 硬膜外麻酔



一人目は術後、地獄だったんですが
それに比べたら二人目はなんて楽なのかしら!!!
正直びっくりだす!

あ、いくら楽だと言っても
一応痛みはあります。
あと、硬膜外麻酔の副作用で体幹部のかゆみと、排尿困難などなど。

だけど硬膜外麻酔をすることによって
体をよく動かすことが出来て、
そのおかげで回復も早い。

うーん、よい循環!

前回の麻酔は腰椎麻酔でした。
よく、「術後地獄の苦しみで・・・」というお話がありますが
あれが腰椎麻酔ですね。
緊急帝王切開など、時間を争う時に用いられる麻酔です。

硬膜外麻酔は技術的に難しいものなので、
麻酔科医のいない産院では腰椎麻酔しか行っていない所もあるそうです。

産院をこれから選ぶ人は、
麻酔科医がいるというのを条件に選ぶというのも
大きなポイント!だとワタシは思ってます。


※ちなみにワタシは全くの素人なので
 これらの無い用が間違えていても
 許して下さいませ!


<入院中の一こま>

田中家(仮)の皆様。 まんが日記-20-2

はつみ「わーい ココ ぺこぺこしてるよ!」
あかり「・・・・・ッ(いつか●●す!)」


妊娠出産四方話 その21 年子育児の開始 に続く★

妊娠出産四方話 その19 ネットジャンキー




あ、帝王切開のお供は
iPodでっせ!!

あと手元を操作するだけでいい
携帯も!w


妊娠出産四方話 その20 硬膜外麻酔 に続く★

妊娠出産四方話 その18 麻酔パワー



一人目出産の後、
痛みに耐えていた時に打ってもらった筋肉注射もヤバかったんですが
静脈麻酔も相当やばかったですw
もう 吐き気無しの酔っぱらいみたいな・・・
気持ちよくて ふわふわして

あーこれが(以下略)っていう感じで。

縫合が終わって起こされた時は
「もうすこし寝かせてくれよ!」っておもいましたもん(笑


妊娠出産四方話 その19 ネットジャンキー に続く★

妊娠出産四方話 その17 帝王切開DE立会出産2


想像図です↑

旦那曰く、
「まさか真横に座らされるとは思っていなかった」
「視界のはしっこに、腹から生えている娘が見えた」

だそうです。

私だったらばっちり見るのに…。
実際、同室だった人はお母さんが立会ったそうですが
「娘の手術の様子はばっちり見てきたわ!」と言ってました。

この辺の耐久度が男女の差でしょうか・・・?




あと、
私は経膣分娩を経験していないので
なんとも言えないのですが、
経膣分娩の立ち会い出産というのは
体力を振り絞って子供を産む妻を
夫は励ますというイメージ。

でも帝王切開では、
ひたすら不安の中
麻酔をかけられ、体の切開され
ある意味その瞬間は「死」に近い状況で
味わった人にしか判らない、覚醒下での手術という状況。

そんな中で、声をかけて励ましてくれるという存在は
なんとも言えないものがあるのです。


妊娠出産四方話 その18 麻酔パワー に続く!
ギャラリー
  • 準備はバッチリだ
  • サイパン旅行記 その1
  • ●第372話 暗闇でドッキリ★●
  • ●第371話 がんばれお父さん●
  • ●第370話 赤勝て 白勝て●
  • ●第369話 ランドセルはカラフル●
アーカイブ
記事検索
ブログタイムズ








  • ライブドアブログ